ベイザー脂肪吸引の症例と天神にある美容クリニック

どのようなボディラインにしていくか

術後のダウンタイムが軽減する | どのようなボディラインにしていくか | 近くの美容クリニックに相談すると良いでしょう

ダウンタイムとは手術を受けた後に、日常生活に支障がない状態に戻るまでの時間のことを言います。
従来の方法だと、個体である脂肪を吸引することが難しく刃のあるカニューレをつかって切り崩すような方法が用いられてきました。
この方法だと、対象の部分だけでなく血管や繊維などの周辺組織まで傷つけることになってしまい、術後の痛みや内出血などの症状も出ます。
一方のベイザー脂肪吸引方は、液状に遊離したものを吸引気によって吸い出す方法なので組織へのダメージが少なくて済みます。
結果、傷などの治癒に伴うダウンタイムも減らすことができるのです。
カニューレにも工夫がされていて、管大きさを変えたり、全周に穴が開いていたりすることでどの角度から吸引しても均一に吸い取ることができます。
部位や範囲に合わせて使い分けをすることで、ボディラインに合わせた施術が可能となるのです。
具体的な方法としてはまずはどのようなボディラインにしていくかを決めていくところから始めます。

小顔になった美容整形まとめ

⭕️エラボトックス
効果絶大で10キロくらい痩せた?つて聞かれた(エラが張ってる人適応)
⭕️歯列矯正
噛み合わせが変わると、顔の脂肪と筋肉のつき方が変わった!
⭕️頬顎下脂肪吸引
二重顎なくなった
⭕️顎ヒアル
顎出した方が視覚的に小さく見える

before→after pic.twitter.com/fHtEq6TzMB

— のびしろちゃん (@nobishiro_chan_) November 18, 2021